発売日:2022/07/28

「国家科学及び技術委員会新竹サイエンスパーク管理局」幕開け


新竹サイエンスパーク管理局は科学技術部が7月27日付で国家科学及び技術委員会に改称されを続いて、今日(7月28日)改称式典が挙げられました。王局長は改称された管理局局長に就任を宣誓し、さらに副主任委員陳宗權、サイエンスパーク産業協同組合理事長李金恭、ベテラン顧問宣明智、立法院林思銘委員、高虹安委員、新竹市李世珍副市長、新竹県陳季媛秘書長と共に、管理局の斬新な看板を披露しました。

新竹サイエンスパークはこれまでも、これからもテクノロジーの発展を目指し、国家や社会に貢献していき、先進半導体製造技術の開発に支持すると、王局長が宣言しました。

現在新竹サイエンスパークには約600社が入居しており、就業人口17万、ローカル経済に莫大な貢献をしてきました。国家科学及び技術委員会の成立することにより、我が国のハイテク産業の新たな時代への幕開けが宣告されました。