低法人税率と保税制度

台湾の法人税は20%で、日本、アメリカ、中国と比べればかなり低くて、さらに新竹サイエンスパークは保税地域なので、製造会社が輸入した設備、原材料などは輸入税及び貨物税は免税ができます。また、製造会社が毎年投入した研究開発費用の15%は法人税の30%以内であれば、免税することが可能になります。


優秀な人材

新竹サイエンスパークは新竹県と新竹市の間に位置し、周辺には理科が有名な国立清華大学と国立陽明交通大学があり、また研究機関も充実し、パークに優秀な人材を提供するだけではなく職業訓練及び研究などの資源も充分している。

産学連携の奨励

パークのメーカーさんに新たな技術の開発を励むために、当局は「サイエンスパークの産学連携の研究開発計画」を推進し、産業の要求を中心に、「キー技術の開発及び産業クラスターの整備」を目標として、産業界に必要な人材を育成します。また、毎年も「イノベーション商品賞」及び「研究開発優秀賞」を利用し、メーカーさんたちに生産すると同時にもっと多くの資源を研究開発に投入することを励みます。

イノベーション及び育成

当局はパーク産業を永続に発展することを責任として、「イノベーションの考え方及びサービスを提供する態度」を核心価値で青年向けのベンチャ企業を発展する専用な場所の「竹青庭」及び関連なサービスを提供しており、また国立陽明交通大学の国際イノベーションセンターと新竹バイオ産業及び育成センターも設置し、新竹サイエンスパークの産業クラスターを利用し、イノベーションで産業が永続に発展できる場所を構築してきました。

周辺の研究機関

パーク内には複数の国家研究機関が設けられ、財団法人「シンクロントロン放射光研究センター」と「国家実験研究院」の「半導体研究センター」、「宇宙開発室」、「高速ネットワークと計算センター」、「精密機械科技センター」があり、竹南パークにも国家衛生研究院及び農業科技研究院動物科学技術研究所があり、新竹バイオパークの研究開発センターの中にも国家精密機械科技センター、国家動物センター及び工業技術研究院(ITRI)などの研究機関があります。

 

安定的な水と電力

メーカーさんに専念的に生産させ、豊かな水と電力を提供している。

新竹サイエンスパーク
パーク・毎日 新竹 竹南 バイオ 龍潭 銅鑼 宜蘭
水の提供量(万トン) 19 3.89 0.6385 4.65 1.6 0.45
電力の提供量(万KW) 159 40.69 2.93 59.92 17.47 7.2

優秀的なインフラ建設

新竹サイエンスパークは基礎なインフラ建設はすごく重視し、生産に必要な水と電力資源を提供するだけではなく、他にも道路、街灯、水道及び汚染水処理場などの建設も充分完備です。生活の機能にシャトルバス、バイリンガル学校、社員寮の特区の中もレジャー施設を設置しており、パークは生産だけではなく生活の部分も重視しております。