発売日:2020/08/19

銅鑼サイエンスパークの投資促進キャンペーン


MOST(科学技術部)に所属する新竹サイエンスパーク管理局は、銅羅サイエンスパークへの投資を促進するために、8月19日から22日まで南港展示ホールで開催された「2020台湾オートメーションインテリジェンスとロボットショー」に参加しました。管理局は今回のショーを通して、銅鑼サイエンスパークの素晴らしい投資環境を紹介するほかに、スマートプロダクション、AI、産業用ロボット、ロボットアーム、主要コンポーネント、産業用IoTなどの産業を誘致し、既存のスマート機械の産業クラスターを拡大したいと考えています。

銅鑼サイエンスパークは、台湾北部で唯一、業界で利用できる最大の土地(30 ha)を備えたサイエンスパークです。優れたトラフィック、包括的なインフラストラクチャ、豊富な水と電源、およびIC材料パッケージング、自動車用電子機器、精密機械、自動化技術などの企業が集まることにより、サイエンスパークはスマート製造および電気自動車生産において優位を有しています。 銅鑼サイエンスパークに入居した16の企業が事業を開始し、総投資額は111億9900万台湾元です。 2019年の総収入は9,256億台湾元に達し、年々成長する傾向があります。客家文化公園、美しい建物、素晴らしい緑地は、サイエンスパークを一つの工業団地にするだけでなく、生態学的および文化的特徴が備えており、国内外の投資家にとって間違いなく最良の選択肢にしました。

銅鑼サイエンスパークで投資促進キャンペーンは後数か月以内に行われます。興味のある投資家は、決してこちらのチャンスを見逃してはいけません。キャンペーンの第2ラウンドは、10月15日(木)に台湾客家博物館で行われます。興味のある企業は次のリンクをご参照ください。
https://forms.gle/AqAKHaUToEstYGvTA
詳細については、Ms.Huang(Tel:07-6955298 EXT 267)にお問い合わせください。