発売日:2019/12/03

新竹サイエンスパークはヨーロッパで医療機器のマッチングイベントを開催する


新竹サイエンスパークはパーク内の医療機器メーカーを連れて世界最大規模の医療機器見本市「メディカ」へ向って、そちらで台湾の医療機器メーカーとヨーロッパ企業とのマッチングイベントを開催しました。イベントが終了したら、新竹サイエンスパークの企業Medimaging Integrated Solutionは、欧州企業とMOU(了解覚書)を締結しました。
 今回、HSPからの参加者は8社あります。それには、Medimaging Integrated Solution、Inc.、North-vision TechのほかにもInc.、General Biologicals Corporation、Brain Navi Biotechnology Co.、Ltd.、Somnics、Inc.、Advanced Biomedical Technology Inc.、Phalanx Biotech Group、BROADSIMS Inc.など精密医学および精密検査に取り込んでいる会社が入っています。ヨーロッパからの参加者は、テクノロジー企業、ディストリビューター、エージェント、ベンチャーキャピタリストが含まれます。今回のイベントで、ヨーロッパの企業は新竹サイエンスパークのバイオメディカル企業に対してとても関心を持っていると思われています。
 科学技術省は、2019年11月19日の夜に国際フェスティバルを開催しました。そのフェスティバルの開催によって両社はメーカーがビジネスチャンスやアイデアを共有することができるようになりました。多くの新竹サイエンスパーク企業がそのフェスティバルで製品のデモを行いました。 新竹サイエンスパーク管理局投資部の部長のLin Hui Hung氏は、台湾はハイテクノロジーやバイオメディカル産業のおかげで世界で知られていると述べました。