発売日:2019/10/25

新竹サイエンスパークは日本でバイオメディカルマッチング会を開催する


金属工業発展研究センターとバイオテク医療機器メーカー6社が共同にバイオメディカルテクノロジー代表団を作った。10月24日に科学技術省に所属する新竹サイエンスパーク管理局の陳淑珠(チェン・シュ・チュ)副局長がバイオメディカルテクノロジー代表団を率いて、日本でマッチングフェアを開催した。日本側の参加者の中には、ビジネスおよびソーシャルケア組織からの企業は10以上ある。このフェアの参加者は、二国間の交流を促進しようと積極的にフィードバックを行った。WTO貿易紛争解決委員会のメンバー・名古屋市立大学の名誉教授である中川十郎教授は今回のビジネスマッチングフェアの魂だと思われている。中川十郎教授は「今回のマッチングフェアは、私がこれまでに見てきた日台交流活動の中で最も成功で素晴らしいフェア」だと述べた。
新竹サイエンスパークの代表者には、デジタル医療、医療画像、3D印刷、精密医療、精密検出などの医療機器に携わる企業が含まれている。マッチングフェアに参加する日本の企業には、ショックセンサー、医療画像情報、生体外検査、臨床試薬、製薬サービス、フロントエンドコンポーネント、エージェント、ベンチャーキャピタルなどの会社がある。さらなる交流と潜在的なビジネスチャンスの拡大を目的としてマッチングフェアが開催された。
新竹サイエンスパーク管理局の陳副局長は、「台湾の医療機器産業は近年急速に成長し、製品の品質と技術は世界で高い評価を得ている」と述べた。フォーブスと世界経済フォーラムによると、台湾は医療および健康技術において世界トップレベルの地位があるそうだ。新竹サイエンスパークは、半導体産業技術におけ競争上の優位性を示し、多様なクロスドメインのハイエンド医療機器および技術、例えば低侵襲デバイス、スマートエイドシステム、鮮明な画像処理、インテリジェント診断システムなど、国際的および国内のカウンターパートの幅広い認識を集めています。新竹サイエンスパークのハイテク機能。 IC設計、半導体製造、情報、光電子工学、および通信は、次世代の革新的な医療機器の重要な推進力であることが判明しました。日本で開催されるフェアを通じて、新竹サイエンスパークのバイオメディカルデバイス産業は、Win-Winのポートフォリオに到達するために、さらなる前進とコラボレーションのための二国間サプライチェーンの構築において、日本企業との深い相互作用を持つことが期待されています。